まっこうモグラ◆Pb89XQnQggのブログ入り口
世の中の嘘にきれちまった輩のブログ入り口です。
| HOME | 近日有料化してブログ復活予定 | 過去のブログ復活作業中 | 
以前と違うところ
科学とは経験論である
間違うという繰り返しの中で人は進まなければならない
それなのに、なぜ命というものは一度きりしかないのだろうか

知識とは問題を解決するためにあるのでも、生き残る可能性をあげるためにあるのでもない。
他人に言えない言葉を飲み込みつづけ孤独に歩み、最終的に死に怯えて何もできないこと
それが知識を求めることの到達点になってはならない

知識や欲望を求める人間というのは不完全な生き物だからこそでもあり、
なおさら意地を張らなきゃならない部分があると思う
以前は気づくことができなかったこの部分。
ちゃんと考えてやっていきたい

まっこうモグラ【20111027】

知識という漢字は・・・
知という漢字は「矢を放つようにズバリ物事を言い当てる」という意味であり、識は、「言う+音+目印」 という作りで出来ている。
誰かが残した知識は、「物事の道しるべ」という意味になるが、知識を追い求めた本人は利己的であり、誰かのために残そうと思ったわけではない。つまり、知識はその人が生きる目的「目印=目標」を音にする、堂々と公言するために存在する。
そんでもって目標
この嘘つきと利権だらけの世の中を改善し、一刻も早く、ちゃんと人口爆発という問題に対して答えを模索する方向へと少しでも近づけることを目標とする。
そして、情報を拡散させるために、有料会員の人が「誰か」に「簡単な嘘」を紹介できるコンテンツを作るのが、眼先の目標かな。ただ、情報は暴力であり、情報提供者はこの現実を仲介するだけの役であり、最終的な理解は当事者と現実の中にしかなく、一部は「理解を押しつける」嫌がられる行為になってしまうから、それをなんとかするのも目標の一つ。
むずかしい話じゃないんだよ
地球の人口爆発という最も重大な現実的問題を、合理的になんとかしようと考える人がいる。だから人類削減なんてものがある。
それは経済的な理由から日本の堕胎は多く、5人に1人水子の霊がいるなんて話と一緒。うむ、STOP人口増加。
大衆を合理的に導くために経済的支配、利権が世界中に存在し、苦しまされたりコントロールされたりしてるだけ。(支配者側はそう思ってる)
人は合理的(正しいとも言える)だから残虐になれる。でも、それじゃダメだと思うから
Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2008 @mkmogura.com All rights reserved.